バリスタ直伝レシピ!美味し過ぎるガムシロップの作り方 3のコツ

ガムシロップ

夏の暑い季節に飲むアイスコーヒー!最高に美味しいですね。そのアイスコーヒーと相性が良いのがガムシロップ。でも、市販のガムシロップってなんか物足りないですよね、、、。

コーヒーのプロが手造りするガムシロップはとても美味しい!っ知ってます?さらにアイスコーヒーだけでなくコーヒーゼリーやその他コールドリンクとの相性も抜群!

そこで、コーヒーショップがお店で提供している、バリスタ直伝!こだわりの手作りガムシロップのレシピを紹介します。

「プロが作るガムシロップって作るの難しいんでしょ!」って思っていますよね?でも、安心して下さい!バリスタ直伝の3つのコツを掴んでしまえば大丈夫。コーヒーショップで提供されている本格的なガムシロップをご家庭でも楽しむ事ができますよ♪

本格的なガムシロップ押さえておきたい 3つのコツ

ガムシロップ作りで失敗しない為のポイントを紹介!

この3つのコツを守る事が大切ですよ ♪

① 中ザラ糖を使用

中ザラ糖は500グラム450円程度で購入出来ます。オリジナルガムシロップのカロリーは市販のガムシロップ同じ位です。個人的にカロリーゼロのガムシロップは風味が無いのでコーヒーには合わないと思います!グラニュー糖や上白糖でガムシロップを作る方もいますが、中ザラ糖が一番上品なコクが出せるのでアイスコーヒーやコーヒーゼリーとの相性が抜群ですね。

② 水の割合は1:1が基本<

コーヒーゼリーに使用する際には、130cc程度まで煮詰めて下さい!ドロッとしている方が美味しいです。アイスコーヒーにぴったりのオリジナルガムシロップですが、少し煮詰めればコーヒーゼリーとの相性も抜群です。

③ 保存ビンを煮沸殺菌

煮沸殺菌済みの100円均一の保存ビン

保存ビンを熱湯で煮沸殺菌します。ビンの殺菌をしないと雑菌が発生する原因となります。ガムシロップのあら熱が取れたら保存便に入れて完成です。

本格的なガムシロップのレシピはこちら

 市販のガムシロップよりもずっと安く作れます。レストランや飲食店で提供するできる程に本格的な風味と味です ♪

作り方とレシピは以下の通りです!

<必要な物>

  • 中ザラ糖  100g
  • お水    100cc
  • 保存ビン (100円均一で購入)
  • へら

 

<作り方手順>

  1. まず、中ザラ糖とお水を鍋に入れる
  2. 鍋に火をかけ掛ける(中火)
  3. 全体の4割程度の150ccまで煮詰めまる
  4. その際に焦げ付かないようにへらで混ぜながら十分に気を付ける。
  5. トロッとして来たら完成

 

三層に分かれたコーヒーゼリー

アイスコーヒーにぴったりのオリジナルガムシロップですがコーヒーゼリーとの相性も抜群。

コーヒーゼリー+ガムシロップ+きな粉+豆乳でオリジナルの和風ドロリッチが完成。

オリジナルガムシロップがとても合いますよ。暑い夏にピッタリですね♪

 忙しい時にぴったり!電子レンジで作る簡単ガムシロップ

ガムシロップを作る際に少し面倒くさいと思うことが、保存瓶を消毒したり鍋を用意して煮込んだりと思っている方が意外と多いそうです。

そこで簡単に美味しい手作りガムシロップが電車レンジでできないか試してみました。今回は中ざら糖ではなくコクと独特な風味を楽しむことが出来る黒糖を使用しました。

準備するものは水と黒糖が1:1になるようにするだけす。あとは黒糖と水を耐熱皿に入れて少し掻き混ぜます。中ざら糖や上白糖なら完全に溶けていなくても大丈夫ですが、黒糖は大きな塊で販売されている者も多いため、ある程度とかしてから電子レンジにかけてください。

電子レンジのワット数にもよりますがおよそ45秒から1分温めるだけで、とてもいい感じの手作りガムシロップが完成します。容量を多く作りたい方はもう少し電子レンジで温める時間を増やして下さい。

時間を節約しながら美味しいガムシロップが作れたら言うことないです。この電子レンジで作るガムシロップのメリットはその時使いたい分量だけ温めれ良いという点です。

そのために保存瓶を用意したり賞味期限を確認したりする必要はありませんよ。黒糖で作ったガムシロップなのでミルク系のコーヒーとの相性も抜群です。ぜひ、お試しください。

まとめ

アイスラテの作り方

市販のガムシロップではちょっと物足りない!という方にピッタリのオリジナルガムシロップ。いろいろなコールドドリンクを作る際にも使えるのでとても便利。美味しいガムシロップでお家カフェを楽しんでみては!?