世界最古のカフェ!ヴェネチアのカフェ・フローリアンを訪れた♩

Pocket

イタリアでオススメのカフェ最近は東京に世界中のカフェやコーヒーショップがオープンしています。

海外には歴史のあるお店が多く、創業100年を超えているお店なんかもあります。でも、世界で一番歴史のある「世界最古のカフェ」はどこのお店か知っていますか?

それはイタリアの水の都と呼ばれるとても美しいヴェネチアにあります。美しい街並みで有名なサン・マルコ広場の回廊の一角に佇むカフェ・フローリアン [cafe flolian]です。

カフェ・フローリアンはなんとカフェラテ発祥のお店ということもあり、とても有名なカフェです。毎日、歴史あるカフェラテを飲みに世界中から観光客が訪れます。

そんな「カッフェ・フローリアン」( cafe flolian)を訪れました♫

ヴェネチアで訪れたい人気のカフェ

ベネチアのカフェフローリアン

 

カフェ・フローリアンの歴史

カフェラテの美味しいお店

カフェフローリアン メニュー

イタリア カフェ 豪華な内装

カフェ・フローリアンの歴史は古く、1720年に(Floriano Fracesconi)フロリアーノ フランチェスコーニによって創業されました。カフェ・フローリアンという名前は創業者の名前から来ていることがわかりますね。

創業当時から何回か店名は変更されているのですが、お店の歴史や雰囲気は変わらぬまま現在も営業しております。

カフェフローリアンは多くの芸術家や歌手に愛されており、「ハーメルンの笛吹き男」で有名なあの詩人のゲーテも訪れたことがあるそうです。ゲーテと同じお店でコーヒーが飲めるなんて、なんだか不思議な気分です。

 

 

カフェラテ発祥のカフェ

美味しいカフェ  ベニス  italia

カフェ・フローリアンは世界最古の歴史あるカフェとして知られていますが、カフェラテ発祥のお店としても有名です。滅多に来れないと思いカフェラテとカプチーノを頂きました♫

カフェラテの「ラテ」はイタリア語でミルクの意味なので、カフェラテとはミルクを注いだコーヒーです。カフェオレとの違いは、カフェラテは濃縮されたほろ苦いエスプレッソを使用するのに対して、カフェオレはハンドドリップしたコーヒーにミルクを注ぎます。

フローリアンはカフェラテの他にも美味しそうなケーキ・マカロン・サンドウィッチなどのフードメニューもあり魅力的でした。でも、今回はコーヒーショップを巡る旅だったのでお腹が膨れるので我慢しました。

店内では様々なフローリアンのグッズが販売されていましたが、香水まで販売していたことに驚きました。

 

 

演奏を聴きながら風雅なコーヒータイム

サンマルコ広場で休憩  スイーツ カフェ

カフェ・フローリアンでは天気が良い日には迫力ある生演奏を聴きながら優雅がな時間を過ごすことが出来ます。

サン・マルコ広場の歴史ある街並みを見ながらカフェラテを飲めば、数百年前にタイムスリップしたような感覚にさせてくれます。その当時から営業しているフローリアンはとても素敵なお店です。

 

ヴェネチアをゴンドラで観光する

イタリア ヴェネチア ゴンドラ ブログ

世界最古のカフェで美味しいカフェラテを頂いた後には、水の都ヴェネチアを満喫しました。

ヴァポレットと呼ばれるゴンドラで水上から歴史あるヴェネチアの街並みを観光したり、ヴェネチアンマスクの専門店でお土産を選んだりと本当に楽しい街です。ヴェネチアはガラス細工がとても有名です。ヴェネチアングラスと呼ばれるものは本当に美しい。

街をブラブラ歩いていると数件のコーヒーショップやカフェを見つけることが出来ました。様々な出会いがあるのも町歩きの醍醐味ですね。

 

カフェ・フローリアンのまとめ

イタリア 観光 ヴェネツィア

 

世界最古のカフェはとてもラグジュアリーな内装が施されていました。

店員さんのサービスも含めて、とても素敵な気分を味わうことが出来ました。

今度は天気の良い日に訪れて雰囲気の良いテラス席で美味しいカフェラテを楽しみたいですね!!

イタリアを訪れた際には、ぜひ訪れみてください。

 

店舗住所: Piazza San Marco San Marco 5730124 Venice, Italy

Pocket

この記事を書いた人♪

「ようこそ、コーヒーを楽しむ教科書へ!」

コーヒーショップ開業を目指しているのYujiです!

コーヒーを毎日の安らぎにして欲しい!リラックスし心を豊かにして欲しい!と想ってます。どんなに忙しい人でも「ホッとできる」美味しいコーヒー提供していきます♪

そんなコーヒー屋のブログを紹介中!


Yujiのブログ「コーヒー屋開業を目指して〜」はコチラ♪

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*