話題のノンカフェインコーヒー豆 代表的な4通りの精製方法

Pocket

 

ディカフェコーヒーを飲む女性「毎朝の目覚めに」「仕事の中の休憩に」 コーヒーは欠かせない!コーヒーが大好き!でも、カフェインの摂取を控えている!

そんな人におすすめなのが人工的にカフェインを取り除いたカフェインレスコーヒー(ノンカフェインコーヒー)です。

本来、コーヒー豆に含まれているカフェインを取り除いたコーヒーという意味からディカフェとも呼ばれます。

最近では、大手コーヒーチェーンや珈琲豆の小売店まで、このノンカフェインコーヒーを取り扱っている程に一般的に認知されています。では、このノンカフェインコーヒーとはどの様に作られているのでしょうか?そのノンカフェインコーヒーの様々な精製方法に付いて以下で説明しています!

 カフェインが気になる方でもノンカフェインなら上手にコーヒーと付き合う事が出来ますよ♪

 

ノンカフェインコーヒーの精製方法

 

ディカフェのコーヒー豆を焙煎

 

ノンカフェインコーヒーを作る為に、コーヒー豆からカフェインを取り除くという行程が必要になります。この方法は脱カフェイン法と呼ばれます。

脱カフェイン方法には大きく三種類の方法があります。それがケミカルメソッド、超臨海二酸化炭素法、ウォーターメソッドです。以下の通りです。

 

① ケミカルメソッド(化学薬品法)

 ケミカルメソッド法は有機溶剤を使用する最も古い脱カフェイン方法。この方法の最大のメリットは低コストで行える事です。しかし、有機溶剤をしようしているので、コーヒー最大の魅力である風味が劣化してしまいます。更には、化学薬品が直接生豆にふれてしまう為、健康面の不安を消費者に与えてしまう点がデメリットとしてあげられます。

 

② 超臨海二酸化炭素法

 超臨海二酸化炭素法は二酸化炭素を使用しコーヒー豆からカフェインを取り除く方法。二酸化炭素を特別な方法で気体とも液体とも言えない状態にします。これが超臨海流体と呼ばれます。この超臨海流体は様々な物質を融解することに優れているため、ノンカフェインコーヒーの精製に向いている方法なんです。二酸化炭素を使用している点から安全性にとても優れています。

 

③ ウォーターメソッド

swiss water processのロゴマークウォーターメソッドは水をしようしてコーヒー豆から脱カフェイン行う方法。 Swiss Water社が発明した事からスイスウォーター式と呼ばれる。この方法は、生豆に水を加えて水溶性成分を抽出します。行程の中で脱カフェインを行い再び水溶性税分を生豆に戻す仕組みです。薬品を使わない!

コーヒーの風味や成分を失いにくい!水を繰り返し使用する事が可能なので低コスト!最近は多くのノンカフェインコーヒーがスイスウォーター式で脱カフェインを行っています。

Swiss Water 社のHPに詳しく説明している動画があります♪)

 

④ 品種改良/遺伝子組み換え

脱カフェインの方法とは少し違いますが、ノンカフェインコーヒーを作る為にカフェインを含まないコーヒーの木を作る方法。この方法ではまだ完全なノンカフェインコーヒーは作られていないんです!カフェインを含まないコーヒーが出来ても、他の成分が必要以上に検出されたりと基準を満たす物を開発する為に現在改良中です。

 

まとめ

公園でディカフェコーヒーを楽しむ

 

ノンカフェインコーヒーの製造や安全性については以上のとおりです!カフェインが気になるという人は知っておいた方が良いですよね♪

カフェインは本当に体に良いのか?悪いのか?カフェインは体にどんなメリットやデメリットをもたらすのか?という点についても知っておいた方がいいと思います!

それについてはまた別の記事で紹介したいと思います!

 

Pocket

[最後の一杯まで焼きたての味] 柿田川珈琲

柿田川珈琲はコーヒー豆の鮮度を守ること徹底的に追求しチャレンジしているコーヒーショップです。


コーヒー専門店、スーパー、ネットショップ等で購入した「コーヒー豆の香りが最後まで飲みきる前に無くなってしまった!」「味が変化してしまった!」という経験がありませんか?


柿田川珈琲なら飲みきる最後の一杯まで焼きたての味が楽しめます。いつ飲んでも美味しい柿田川珈琲のこだわりと鮮度の秘密はこちらから♬


柿田川珈琲の美味しさの秘密を知る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*