プロが教える!美味しいアイスコーヒーの入れ方 3ポイント

Pocket

 
  
自家焙煎のアイスコーヒー本格的なアイスコーヒーをお家で楽しみたい!そんな人にプロが教える美味しいアイスコーヒーを淹れ方を紹介。
 
アイスコーヒーはドリップコーヒーを落とし方が全然違います!アイスコーヒーの淹れ方のコツはとにかく時間をかけてじっくりと抽出する事。
 
今回はアイスコーヒーのおすすめアレンジレシピやアイスコーヒーが何倍も美味しく飲めるこだわりグラスを紹介♪
 
初心者の人でも上手に淹れる為のアイスコーヒー入れ方 3ポイントを紹介してます。
 
 

 美味しいアイスコーヒーを家庭で

アイスコーヒの淹れ方のコツはとにかく時間をかけてじっくりと落とす事です。その為にいくつかの決まりがあり、これらを守れば失敗する事なく美味しいアイスコーヒーを入れる事が出来ます。

今回はコクと深みのあるタイプのアイスコーヒーの淹れ方です。それでは必要な物はこちら !

 

<必要な物>

  • アイスコーヒー豆 40グラム
  • お湯 600cc程度(1杯分)
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • サーバー
  • コーヒーポット
  • ボール

 

<アイスコーヒー抽出手順>

  1. 最初にドリッパーを暖めておく
  2. お湯を沸かす ※ドリップコーヒーとは違い100℃のお湯でOK
  3. サーバーにフィルターセットして蒸らす
  4. フィルターにアイスコーヒー粉をセット
  5. 中心より円を描きながら 数回に分けてお湯を注ぎます。
    ※ドリップコーヒーとは異なり浸透させるように注ぐ!コーヒー粉をお湯で撹拌させない!
  6. 出来るだけ濃く抽出する為に、通常のハンドドリップよりもゆっくりと浸透させる
  7. 6と7を時間をかけて繰り返す 
  8. ボールに氷と水を入れアイスコーヒーが入ったサーバーごと一気に急冷する。
  9. 14度以下まで一気に冷やす

 

コレで美味しいアイスコーヒーの完成!アイスコーヒーの抽出手順のポイントは以下の通り。

 

アイスコーヒーの美味しい淹れ方のポイント

 

アイスコーヒー抽出のコツ

 

①100℃のお湯で抽出開始

アイスコーヒーを抽出する際には沸騰した100℃のお湯で構いません。この方がアイスコーヒーにとって美味しい成分が抽出出来ます。(ハンドドリップの場合は90℃付近まで冷めてから抽出を開始)

 

②少量のお湯で浸透させるように抽出

アイスコーヒーの抽出はとにかく濃く落とす事を意識。コーヒーを蒸らすようにじっくりと時間をかけて落とすのがコツ。ハンドドリップの様に抽出するとアイスコーヒーの深みやコクが物足りなくなってしまいます。
 
 
③常温で冷やさず急冷させる
 
抽出したアイスコーヒーを常温で冷ますと、味がぼんやりしたり濁りの原因となります。急冷させることによってアイスコーヒーは一層美味しくなります。

④氷とアイスコーヒーの割合はグラスに対して 

 2:1(氷2、アイスコーヒー1)の割合が黄金比率。何十回も試した結果この比率が一番美味しい!
 
 

ガムシロップも手作りしたい

 
美味しいアイスコーヒーに市販のガムシロップではちょっと!という人は手作りガムシロップを使用して下さい!詳しいレシピや作り方のコツは「バリスタ直伝!美味しすぎるガムシロップの作り方 3のコツ」を参照してください!
 
 

アイスコーヒーと相性抜群のグラス

 ボダムのダブルウォールグラス
 
美味しいコーヒーの飲むの際にはグラスにも気を使いたいですよね!
 
コーヒーはグラスの当たり口をとても大切にする飲み物です。この当たり口はグラスやカップの厚みや素材によって変化します。折角であればアイスコーヒーはストローではなく直接グラスから飲んでほしい!
 
 
アイスコーヒーにとても相性が良いグラスがあります。それがbodam(ボダム)というメーカーのグラス!このボダムのダブルウォールグラスがとてもオススメ。
 
ダブルウォールグラスとは2重構造になっているグラス。中間層に空気を含んだガラスの為、外の温度によって飲み物の温度が変化しない構造。しかも、アイスだけでなくホットコーヒーにも使用可能。見た目もオシャレでとても使いやすいグラスです。
 
アイスコーヒーを飲む時にとても気になるのがグラスに付着する水滴!この水滴でテーブルが変色する事もありますね。でもボダムのダブルウォールグラスは結露しないため水滴の心配もない!かなり優れたグラスです♪
 
薄いガラスを使用してますが、とても洗練された技術で作られています。なんと食器用洗浄機や電子レンジに使用してもOkです。
 
美味しいアイスコーヒーを淹れるならグラスにこだわってみるのもいいですよ♪
 

アイスコーヒーのアレンジメニュー

 
アイスコーヒーはそのまま飲んでも美味しいですが、いろんなとの相性が抜群!
そこで、アイスコーヒーのアレンジメニュを紹介♪
 
 
アイスコーヒーのアレンジメニューの代表的な物はアイスラテですね。
ラテとてはイタリア語でミルクの意味。ですのでミルク入りコーヒーになります。そのアイスラテを作る際のポイントは濃いミルクをしようする事。
 
高梨乳業の牛乳がオススメです。この牛乳はハーゲンダッツのアイスクリームにも使用されている程、プロ使用の牛乳です。これによってミルクキーでコクのあるアイスラテが出来上がります♪ミルクの量はお好みで調整して下さい。
 
更にこのアイスラテにフレーバーを加える事でオリジナルアイスラテを作ってみるのも良いですよ?コーヒーの量を調整する事でコーヒーの苦みが苦手な人でもゴクゴク飲めますよ!
 

オススメのフレーバーはTorani (トラーニ)

 

Toraniのフレーバーボトル各種
(www.torani.com)
 
Torani (トラーニ)は伝統的なイタリアンシロップのメーカー。様々な風味豊かなフレーバーを揃えているので自分好みのフレーバーシロップを選ぶのも楽しい!
 
キャラメルシロップを使用したキャラメルラテやチョコレートマカデミアナッツを使用したハワイアンアイスモカなどが楽しめますよ♪
 
 
 
 

アイスコーヒーのまとめ

 
美味しいアイスコーヒー
 
 
アイスコーヒーの入れ方は難しいと思われがちですが、そんなに難しくないですよね?
 
簡単にアイスコーヒーを淹れる為のコツを身につければ、自宅でも美味しいプロのアイスコーヒーを楽しむことが出来ます。
 
個人的には、落としたてのアイスコーヒーよりも数日たったアイスコーヒーの方が味が馴染んでいて好きです♬
 
夏になると数杯分まとめ落とししたアイスコーヒーが常に冷蔵庫に入ってます。
 
 

 

 

Pocket

[最後の一杯まで焼きたての味] 柿田川珈琲

柿田川珈琲はコーヒー豆の鮮度を守ること徹底的に追求しチャレンジしているコーヒーショップです。


コーヒー専門店、スーパー、ネットショップ等で購入した「コーヒー豆の香りが最後まで飲みきる前に無くなってしまった!」「味が変化してしまった!」という経験がありませんか?


柿田川珈琲なら飲みきる最後の一杯まで焼きたての味が楽しめます。いつ飲んでも美味しい柿田川珈琲のこだわりと鮮度の秘密はこちらから♬


柿田川珈琲の美味しさの秘密を知る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*