お家でプロの味♪ 美味しいハンドドリップコーヒーの淹れ方 4ポイント

Pocket

 

ペーパードリップ抽出中のバリスタコーヒーを家庭で上手に入れる為のコツを知っていますか?コーヒー抽出とは様々な珈琲専用器具を使用し、コーヒーの粉を液体化することです。

今回は代表的な抽出方法のハンドドリップ(又はペーパードリップ)を学びたいと思います!

ハンドドリップはもっとも基本的な珈琲抽出方法であり、とても奥が深い方法とも言われています。それだけにコツやポイントを学ぶだけで抽出技術が格段にアップします。

わずか4ポイントを抑えるだけで、ご家庭でもプロの淹れるコーヒーの味を再現できるようになりますよ♪

 

ハンドドリップ抽出に必要な準備

 

基本的なハンドドリップ抽出に必要な準備はこちらです。

1. コーヒーポット(カフェケトル)

コーヒーポットコーヒーポットは先端がカーブし口が細くなっているポットです。

コーヒーポットは普通のポットと大きく違う点はお湯をそそぐ時間や速度のコントロールが効きやすい点です。

お湯をそそぐスピードはコーヒー抽出にとても大切です。

お湯を沸かす時間がもったいない!という方には、コーヒーケトル(カフェケトル)という、電気でお湯を沸かすコーヒーポットもあります。最近は使用しているかたも多く見かけます。

一番人気のコーヒーケトルについてはこちらをご覧ください。→(電気ケトル Russell Hobbs ラッセルホブスの口コミを検証 ♪

 

2. コーヒーサーバー&ドリッパー

コーヒーサーバーは抽出した液体コーヒーを受け止める容器です。通常ではドリッパーにペーパーフィルターとコーヒーの粉を入れてコーヒーの抽出を行います。この2つはハンドドリップに欠かせないコーヒー抽出器具です。

 

3. ペーパーフィルター

ペーパーフィルターこれはペーパーフィルターと呼ばれています。

フィルターがないと粉がコーヒーサーバーに全部落ちてしまいまから、とても大切な道具です。

最近ではポットとサーバーが一体化した物やペーパーを使用せず繰り返し何度でも使用可能なメッシュフィルターを使用したコーヒー抽出器具も流行っています。

ガラス製で人気の高い珈琲抽出器具はこちらを参考にしてください。→(オシャレなkinto (キントー)のスローコーヒースタイル♪

 

4. コーヒー豆と抽出に必要なお湯

焙煎したコーヒー豆コーヒー粉の分量に関してよく聞かれることがありますが、一概には同じ分量で良いとはいえません。

コーヒー豆の焙煎、弾き方、種類よって異なるからです。珈琲豆を購入したお店の方に確認したら間違いないと思いまよ。

僕の場合はハンドドリップ抽出でこれくらいのコーヒー粉を使用します。参考にしてください!

 

<ハンドドリップに必要なコーヒーとお湯の量>

中細引きのコーヒー粉を使用

10g 〜15g(1杯分)/ 20g 〜25g(2杯分)/ 25g〜30g(3杯分)

コーヒー抽出に使用するお湯の量

140ml〜150ml程度 (1杯あたり )

 

 

ハンドドリップ抽出の手順

 

バリスタの女性コーヒーの抽出には正しいステップがあります。

コーヒーを抽出したことがある人なら、一度はチャレンジした事があるハンドドリップ。一般的なコーヒー抽出方法といっても、ただお湯を注いぎ珈琲を淹れればいいというわけではありません。

こちらがハンドドリップ抽出の正しい手順です。

 

 

<ハンドドリップ抽出の正しい手順>

  1. お湯を沸かす
  2. ドリッパーとサーバーを温める
  3. フイルターと珈琲の粉をセット
  4. コーヒー粉を蒸らす
  5. コーヒーを抽出する

 

このコーヒー抽出手順とハンドドリップ(ペーパードリップ)を成功させるポイントがあります。

以外と知られていないハンドドリップ抽出の細かなコツがあるんです。

今回はご家庭で美味しいコーヒーをハンドドリップする為にコツを簡単にまとめてみました。

 

ポイント① 抽出する直前に珈琲器具をあたためる

コーヒーサーバーを温める

お湯を沸かしている間に、サーバー、ドリッパー、フィルターをセットします。

コーヒーを抽出する際にはとにかく温度にこだわってください。通常よりも多めに沸かしたお湯をドリッパーを通してサーバーに注ぎます。

目的はドリッパーとサーバーを温めることです。そのお湯をカップに注いでカップも温めてください!一連の温めが終了したらこのお湯は捨ててください!

コーヒーは温度で一気に味が変わってしまうもです。暖かいコーヒーに対して冷たい器具を使用すると微妙に温度が下がり風味が変化してしまいます。

 

ポイント② そそぐお湯の温度に注意!

コーヒーを抽出するために沸かしたお湯の温度に気を使ってください。絶対に沸騰してすぐのお湯でコーヒーを抽出してはいけません!

コーヒーの抽出に適している温度は92℃程度です。この温度に下がるまで待たなければなりません!

沸騰したてのお湯は95℃以上あります。沸騰直後のお湯を使用するとコーヒーの苦味が強くなったり酸味が鋭くなってしまいます。美味しくない珈琲の原因と呼ばれる雑味も引き出してしまいます。

しかし、お家でコーヒー抽出するのにわざわざ温度計を使うのもちょっと、めんどくさいですよね!?

そこでとても便利なプロの技ががあります!温度が下がるのを待たずに、92度前後に一気に下げる方法があります!温度計も必要ありません。

ポットのお湯の10%分の水を注ぐと92度まで一気に下がります!季節や水の温度によって多少の誤差はありますが、お家でコーヒーを入れる分にはこの方法が一番便利です。

 

ポイント③ コーヒー粉を蒸らすこと

次に本格的な抽出に入ります!人数分の珈琲粉を温めたペーパーフィルターに入れます。

いきなりお湯をドバッと注ぎたくなりますがこれはNG。

まずはコーヒーの粉を蒸らします。ハンドドリップ抽出にとってこの蒸らしを行う事は非常に大切

蒸らしのコツは、お湯を注がずに浸透させるイメージでコーヒー粉を湿らせます。真ん中から円を描くようにお湯を浸透させます。コーヒー粉の上にお湯を乗せる程度の分量で構いません。

数的のコーヒーがポットに落ちる程度の湯量がベストです!

するとコーヒー粉がボコボコと膨らんできますので、20秒ほど待ったら「蒸らし」は完了です。

 

 

ポイント④ お湯をそそぐスピードは一定に

いよいよ本格的にお湯を注ぎます。この時に大切な事は一定のスピードを保つ事!

コーヒーはお湯を注ぐと粉の中で撹拌します。お湯の速度を変えずのの字を描く事で安定的な味のコーヒーを抽出する事が可能です。逆に抽出スピードやお湯に余計な動きを加えてしまうと、雑味や余計な成分を抽出してしまう事になります。

上手にのの字を描けない時は一点だけで同じスピードでお湯を注ぐ方法が安定的な味になります。

とにかく同じスピードでお湯を注ぐということが大事です。

 

<ハンドドリップ抽出のポイントまとめ>

  1. 抽出する直前に珈琲器具をあたためる
  2. そそぐお湯の温度に注意
  3. コーヒー粉を蒸らす方法
  4. お湯をそそぐスピードは一定に

 

 

初心者でも簡単に扱えるコーヒー抽出器具:フレンチプレス

フレンチプレスで淹れたコーヒー

「ハンドドリップ抽出も面白そうだけど、私には少し難しそう!」と思った方には、初心者でもプロと変わらない味のコーヒーを抽出することができるフレンチプレスがおすすめ!

コーヒーの粉を器具に入れてお湯を注ぎ数分待つだけで、コーヒーが出来上がるとても簡単な抽出器具です。

ハンドドリップで淹れたコーヒーと比べるとかなり味が変わります。人によって好き嫌いが分かれるコーヒー抽出器具ですが、一度試してみるのも面白いと思います。

フレンチプレスについての詳しい記事はこちらから♪ →(初心者でも簡単!フレンチプレスの淹れ方とお手入のコツ)

 

ハンドドリップのまとめ

 

ブラックコーヒーを楽しむ女性

 

コーヒーは淹れ方によっても大きく味が変化する、とても面白い飲み物です!

今回のハンドドリップ抽出は基本的なコーヒー抽出方法ですが、一番奥が深くて覚えがいがあります。その証拠に多くのプロのコーヒー屋さんがハンドドリップでコーヒーを提供してくれます。

コーヒーはお店によってコーヒーに対する考え方や捉え方が違うので、ハンドドリップに関してもそれぞれのやり方を持っています。どの方法が正しい!ということはないので、自分が好きなコーヒーを淹れられるハンドドリップの方法を探してください♪ これもハンドドリップ抽出の魅力の一つですね。

 

Pocket

[最後の一杯まで焼きたての味] 柿田川珈琲

柿田川珈琲はコーヒー豆の鮮度を守ること徹底的に追求しチャレンジしているコーヒーショップです。


コーヒー専門店、スーパー、ネットショップ等で購入した「コーヒー豆の香りが最後まで飲みきる前に無くなってしまった!」「味が変化してしまった!」という経験がありませんか?


柿田川珈琲なら飲みきる最後の一杯まで焼きたての味が楽しめます。いつ飲んでも美味しい柿田川珈琲のこだわりと鮮度の秘密はこちらから♬


柿田川珈琲の美味しさの秘密を知る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*